#10「バッド・ニュース」

おれたちに幸運がまわってきたのかもしれない

Bad News

  • Title: Bad News
  • 発行年: 2001年
  • 邦題: 「最高の悪運」
  • 発行年: 2006年
  • 翻訳: 木村二郎
  • 出版社: 早川書房 (ハヤカワ文庫)

STORY

ケルプがインターネットで見つけてきた仕事は何と墓堀り! そして棺のすり替えだった。違法行為とはいえ慣れない肉体労働だ。しかも依頼主はケルプとドートマンダーを最初からはめる気だったのだ。
彼等の企みはネイティブ・アメリカン利権詐欺。そしてどいつもこいつも悪党ばかり。
「これが自分の仕事か?」と違和感を抱えたドートマンダーは果たして本来の仕事ができるのだろうか?

ABOUT

それまで続いていたオールスターものから一転、少人数で話は進みます。スタン・マーチが登場しないかと思うような展開です。ドートマンダーとケルプももいつになくクールでプロの悪党らしい抜け目なさを発揮します。この辺の格好良さが今回の読みどころ。
だからといってお笑いがないわけではなく、うまくいくことにしっくりこないドートマンダーにはかなり笑わされます。一方ネイティブ・アメリカン連中のドタバタぶりも冴えています。
そして最後の仕事でマーチのママが一世一代の名演技。落ちも含め断然楽しめる一作です。

主な登場人物

  • ジョン・ドートマンダー
  • アンディ・ケルプ
  • スタン・マーチ
  • メイ・ベラミー
  • タイニー・バルチャー
  • マーチのママ
  • フィッツロイ・ギルバート
  • アーウィン・ゲイベル
  • リトル・フェザー
  • アーニー・オルブライト

入手状況

早川文庫 :
Amazon-J にて新刊で入手可能
原書 :
ハードカバー、マスマーケット いずれもAmazon-J にて入手可能
*2014年6月時点
<< #9最高の悪運Crime listに戻る  |#11The Road to Ruin >>